WP Retina 2xプラグインで4K/Retina画像対応を比較してみた

Retinaディスプレイに対応するために、「WP Retina 2x プラグイン」をインストールして別ブログで検証を始めてみました。

ちなみに、「WP Retina 2xプラグイン」は次の4種類の方法でRetinaディスプレイに対応します。 

  • Picturefill
  • IMG Rewrite
  • Retina.js
  • Retina-Images

この4つの方法は、プラグインの設定の中で選択出来るようになっています。

当サイトはRetina.jsをメインで使っていますが、現在、別サイトではPicturfillで検証しています。

 

4K(Retina)ディスプレイで画像を見ると、非常に綺麗でビックリします。

こちらで検証していますが、まず画像全体の色が違いますね。

特に青系の色が全く違うので、青空の違いがはっきりわかります。

あと、わかりやすいのはスーパーボールの光の反射(テカリ具合)ですね。

他にも、水仙の花弁のあたりははっきりわかりますね。

スマホの小さな画面だとあまり気になりませんが、モニターサイズになるとはっきりとその差が出ます。

 

さて、次の検証ですが…

IMG Rewriteはキャッシングソリューションでの対応は少ないので却下、Retina.jsはこちらで使用していますのでこちらも却下です。

なので、次はRetina-Imagesに切り替えて検証してみようと思います。

 

<追記>

検証結果の記事はこちらです。 

 

 

更新を 続ける糧は コメントだ
あなたからのひとことをお待ちしています。

お探しの画像は見つかりましたか?
他にもこんな画像もございます。

ビジネス素材風景花

空事務用品 お金 その他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。