4Kの次は8Kの時代に…

こんばんは、遼です。

先日、こんな記事を見付けたのでご紹介します。

次世代ノートパソコンは4Kじゃない。8Kだ!

昨年夏、総務省が2020年の東京オリンピックまでに4K・8K放送を
普及させるべく、4K・8K試験放送を前倒ししましたね。
TV関係では、既に国際的な次世代放送の覇権争いもあって、国も
見過ごすわけにはいかない…と前倒ししたと言う感じです。

そしていよいよノートPCにも、8Kに対応する超高解像度ディスプレイが
登場するそうです。

パソコンなどのビデオ周辺機器関係の業界団体が、新しいDisplayPortの
規格の詳細を発表したそうです。

上記の記事によれば、2016年ごろから8K対応のノートPDCが発売される
のでは…と。

今の規格はフルハイビジョン(2K)と呼ばれるモノなので、4Kや8Kと言ったら
それほどの物になるのか…

ちなみに、どれほどの違いになるのを簡単に説明しますと…

・2k…1920×1080ピクセル 
    NHKのハイビジョン放送がここ/民放の地デジは更に若干低い

・4K…3480×2160ピクセルで2Kの4倍 
    最近発売されている高画質ディスプレイがここ(Retina含む)

・8K…7680×4320ピクセル 2Kの16倍、4Kの4倍

4Kまだまだしも、8Kなんて言われても、全くピンときませんよね。
私も、凄く綺麗なんだろうなぁ…とは思いますが、16倍と言われても…と
言う感じです。

でも、時代は確実に高画質化に進んでいます。
いや、ここまで来ると超高画質化、と言うべきですね。

既にAppleを始めとするスマホやタブレット、ノートPCは4Kかそれに近い
画質を有していますし、今後もこの動きは広がる一方でしょう。

私としては、今現在、4Kに対応した素材を提供している当サイトですが、
8Kになったらどうなるのかなぁ…とそっちが気になります。

2Kから4Kは4倍ですが、2Kから8Kは16倍ですからね。
4Kから8Kにしたって4倍です。

当サイトの素材も、8Kになったらぼやけてみるんだろうなぁ…

 

今やスマホでネットしてても画像がぼけてるなぁ…と感じるのですから、
8Kなんかになった日にゃ、どう見える事やら…

だって、スマホでこれですからね。
普通のディスプレイで見たら、相当なものなんでしょうね。

もっとも、2016年から登場するらしい次世代の新規格のディスプレイ
ですが、大元の動画や画像が8Kに対応した作りでないと、その性能を
フルに楽しむ事は出来ません。

いま、HNKでは8K用のスーパーハイビジョンを開発中らしいですが、
8Kに対応するにはそれ用の撮影機器や編集機材、システム変更などが
必要です。
これがまた膨大な設備投資になるため、民法では困惑の声も上がって
いるのだとか…

そうなると、8KのノートPCを買っても、直ぐに8Kの良さを実感できるのは
時間がかかるかもしれませんね。

高画質になればなるほど容量も増すので、当然ネット回線への負荷も
増えていきます。
そうなれば、静止画はまだしも動画が無事に動くかどうか分かりませんし。

とは言え、技術の進歩の凄まじさと言ったら、半端ない昨今。

まだまだ大丈夫…なんて思っていたら、あっという間に世間は8Kが標準に…
となる可能性もあります。

今のブロードバンド回線では、4K対応の画像でも難なく表示出来るので、
2Kサイズの画像を使っている方は、そろそろ4K対応の画像を使う様に
して行った方がいいかもしれません。

2Kから8Kだと16倍なので、劣化の度合いはかなりのものです。
80×80ピクセルの画像を、320×320ピクセルのサイズに引き伸ばして
見るのと一緒です。

こんな感じですね。

150216-1

150216-2

どちらも同じ320×240ピクセルの画像ですが、上の方は一度1/4の
80ピクセルまで落として再び320ピクセルに戻したものです。

ここまで顕著に出るかは分かりませんが、2Kと8Kではこれくらいの
差が出るんだろうなぁ…と予想しています。

 

将来的には今以上の高画質になるのは確実。
2Kを4Kに切り替えておけば、8Kになった時にそれほど劣化する事無く
済むので、今からでも高画質ディスプレイに対応した画像を使い始めると
将来慌てずに済みそうです。

あ、ワードプレスなんかはプラグインで対応して来そうな気もします
けどね。

何はともあれ、今後のスマホやタブレット、ノートPCの動向は気になる
事ばかりです。 

更新を 続ける糧は コメントだ
あなたからのひとことをお待ちしています。

お探しの画像は見つかりましたか?
他にもこんな画像もございます。

ビジネス素材風景花

空事務用品 お金 その他