ペイントを使って画像サイズを変更する

今回は、Windowsに標準装備されている「ペイント」と言う
ソフトを使っての、画像サイズ変更のやり方を解説して
いきます。

GIMPは便利なんですが、使うとなればダウンロードしてくる
必要がありますし、機能が多過ぎて初心者にはちょっと…と
思う方もいます。

私の様に画像ソフトを使っている者なら、何となくわかりますが、
相方の亘の話を聞いていると、興味がない人には敷居が高い
なぁ…と感じます。

でも、「ペイント」ならWindowsに標準で付いていますし、
機能も簡単、わざわざダウンロードしてくる必要もありません。

サイズ変更くらいならこれで十分に出来るので、今回はボタンを
例に、サイズ変更のやり方を解説して行きます。

今回は、当サイト内で配布しているこちらの画像を小さく
していきます。

a279ot017-2

このアイコン、サイズは640×480ピクセルです。
割と標準的なサイズですが、もう少し小さい方がデザイン的に
バランスがいいんだけど…って事、ありますよね。

そんな時、ペイントで自分好みのサイズに替えてみましょう。

 

ではまず、「ペイント」を起動し、このボタンの画像を開きます。

paint2-1

今回は、この画像を640×480ピクセルから、一回り小さめの
400×300ピクセルにしていきます。

paint2-2

サイズ変更する際は、上記の図の赤で囲ってある「サイズ変更」の
ボタンを押して下さい。

押すと、下記の様な窓が出て来ます。

paint2-3

サイズ変更は、上の赤で囲った「単位」によってやり方が
変わります。

パーセントは現在のサイズの何%で拡大/縮小するか、ですし、
ピクセルは指定したサイズに合わせて拡大/縮小します。
その時々で、お好きな方法で使い分けて下さい。

ここで注意するのは、「縦横の比率を維持する」のチェックは
外さない事。
このチェックを外すと、縦横の比率が狂ってしまいます。
あえて横長に~などと言う場合以外は、チェックは外さないで
ください。

今回は、640×480ピクセルの画像を400×300ピクセルに
縮小するので、ピクセルを選んでください。

paint2-4

そうすると、この画像のサイズ(640×480)が出ます。

それを、下記の様に水平方向に400と入力します。
「縦横の比率を維持する」にチェックが入ったままなら、
垂直方向の数値は自動的に入ります。

paint2-5

このまま「OK」を押せば完了です。
下記のように、一回り小さくなりました。

paint2-6

最後に保存です。

paint2-7

左上の青い部分を押すと、ドロップダウンで上記の様な項目が
出てきます。
ここで、「名前を付けて保存」を選択します。

保存する際には、念の為元データとは別の名前を付けるか、
保存場所を変えるなどして、元データを消さない様にした方が、
後で失敗してもやり直しが効きます。

最後に、お好きな名前を付けて保存してください。

paint2-8

なお、保存形式は最後の保存の画面で選べます。
ファイル形式の部分を押すと、上記の様に色々出て来ますので、
目的に合わせてお好きな形式で保存して下さい。

今回は元データがJPEG形式なので、そのまま同じJPEG形式で
保存しました。

どうです?簡単でしょう?

これで特別なソフトを使わずに、画像サイズをお好みの
サイズに自由に変更出来ます。

 

ただし!

「ペイント」では、透過処理は出来ませんのでご注意を。
ボタン等の背景を透明にしてある画像は、「ペイント」では
白くなってしまうので、注意が必要です。
背景が透過処理されている物は、面倒ですがGIMPなどの
画像編集ソフトをお使い下さい。

 

更新を 続ける糧は コメントだ
あなたからのひとことをお待ちしています。

お探しの画像は見つかりましたか?
他にもこんな画像もございます。

ビジネス素材風景花

空事務用品 お金 その他